メインイメージ画像

音楽は人間の感情を表現するツールなので世界中の人と楽器を通して繋がる事ができます

世界中で使用されている英語と同じく音楽は世界共通の言葉として有名ですが、楽器を使って演奏する音楽もまた世界の共通の言語でもあります。楽器を使って演奏をすることは世界中の人達が楽しめる娯楽であり、また楽器を用いて奏でる音楽は世界中の人々が楽しめる演芸の一種でもあるのです。

楽器はその国の文化が色濃く反映されるツールとしても知られ、国ごとに各々の国特有の楽器を持つ楽器文化が世界中の国々で定着しています。

国によって違う楽器文化は現在においてはフュージョンミュージック、ポップミュージックなどの分野で融合を行い、世界中のあらゆる種類の楽器を使った音楽を楽しめる時代になりました。楽器によるミュージックセッションは言葉がいらない魂のコミュニケーションとして世界中のミュージシャン達から愛されており、楽器を奏でるミュージシャンにとって、国や言語のバリアを越えることが出来るツールである楽器を使った、世界各国のミュージシャンとの音楽セッションは、希望の楽器演奏の一つでもあります。

楽器を奏でる時に初めは方法や楽器の演奏方法が重要となってきますが、それらの楽器の演奏方法の基礎を学習した後には楽器を演奏する演奏者そのものについての資質が、楽器演奏で奏でる音楽の良し悪しへ繋がってきます。

楽器を演奏する際に上手に演奏することは重要ですが、注目すべきポイントは楽器の演奏者その人、そして楽器を演奏することで生み出される音楽を聴衆の人々、つまりオーディエンスの人々が一体となって楽しむ状況が大切です。楽しい音楽を奏でる際には楽器を奏でて楽しいリズムやテンポの音楽を、そして悲しい音楽を奏でるときには、楽器を使って悲しげで悲壮感のある音楽を聞かせることで強弱ある楽器演奏をオーディエンスの人達に届けることが出来ます。